異性の友達とのセックスがスポーツになる時代

セックスフレンドの言葉が表すとおり、友情とセックスが男女間で成り立つという時代になりました。若者の間では愛情とセックスよりもフランクなセックスをスポーツとして捉えるようになっており、これが日本の少子高齢化の対策になる可能性があるのです。

男女間の永遠の問題と言えば男女の友情は存在するのかということです。セックスは友情では成り立たないというのが根底にある常識ですが、今この感覚は若い世代の新常識によって変わってきています。わかりやすく言うと、友情とセックスが成立するということなのです。

セックスフレンドは本当の意味でセックスフレンドになる

若者の間ではと友達の異性との間のセックスは珍しいことではないと言います。セックスフレンドという言葉のの「フレンド」がまさに友情を表しており、友情とセックスが成立するのです。この考えの根底にはセックスはスポーツという感覚が存在し、愛情とセックスとは次元の異なるセックスという位置づけなのだそうです。

愛情とセックスとは別の感覚

セックスフレンドが一般的になった若者の間では、愛情とセックスは特別なセックスであり、セックス自体は男女間のスポーツ的なもので、友情とセックスが成立すると言うことを話しました。これはセックスフレンドが、男女の恋愛感情を必ずしも反映したものではなく、肉体関係、それも健康的な運動の一つとして捉えられているわけです。この友情とセックスという関係は、いまの中年以降の年齢の人にはわからない感覚でしょう。しかしながら日本は今少子高齢化の真っ只中。もしかしたらこのスポーツとしてのセックスは生物的な危機に現れる自然現象なのかも知れません。少子高齢化を救うのは若い世代のこの新しい感覚という可能性も無きにしもあらずなのです。
https://ezhcginjection.com/